« 夏バテ | トップページ | 筋肉には種類があるの? »

身体のリズム

身体にリズムは、体内時計によってコントロールされています。体内時計中枢を、視交叉上核とよんでいます。左右の眼球の後ろからでている視神経が、眉間の奥の真ん中辺で交叉して、逆の脳の半球にいく部位のすぐ上の左右一個ずつ神経の塊になっている。ネズミの実験では、視交叉上核を破壊してしまうと、24時間周期はなくなり、睡眠と活動のリズムも無くなってしまうことが確かめられています。視交叉上核の神経細胞の一つ一つが、それぞれ24時間周期のリズムを持っていて、なおかつ全体として同期のリズムを刻んでいます。体内時計は、中枢だけでなく、各臓器ににも時計があり、それを抹消時計とよんでいます。抹消時計が、確認されている臓器は、肝臓消化管筋肉心臓皮膚などです。これらの抹消時計は、普段は主要時計に従って動いています。このコントロールに交感神経が関与しているという報告があります。不規則な生活をすると、主要時計と抹消時計の同期リズムが崩れ、各臓器の働きも異常になってしまいます。そのような不協和音が肥満を作ると言われています。主要時計と抹消時計が同期して規則的な体内時計として働くと、消化管筋肉肝臓心臓などは安定して働くことができます。

自分の健康は、自分で守る、予防する。

|

« 夏バテ | トップページ | 筋肉には種類があるの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050399/22388371

この記事へのトラックバック一覧です: 身体のリズム:

« 夏バテ | トップページ | 筋肉には種類があるの? »